事例紹介

case

  • モノづくり自動化

形状の異なる製品の多品種対応化を実現し、乾燥作業エリアの対応人員削減に貢献

業界・業種
食品製造業
自動化の目的
  • 品質向上
  • 作業負担軽減

装置・システムの名称
乾燥・自動搬送ユニット
装置・システムの用途
ワークの乾燥および自動搬送システム

こんなソリューションを実現しました

これまでの課題
従来、使用していた乾燥機では、様々な形状の製品を取り扱っているにも関わらず、一定箇所からしか乾燥を行えず、乾燥不足を起こすことがありました。また、その再乾燥を行うために人員を配置する必要があり、作業効率の低下にお悩みでした。
ソリューション
・乾燥具合の改善が見られ、再乾燥対応に要していた人員を削減できました。
・清掃性が向上しました。
・従来より装置サイズが小さくなったことで、現場の作業動線が良くなりました。

お客様の声

簡単操作と多品種対応に魅力を感じた。
今後、第2弾として搬送用途でのロボット活用も予定。

タッチパネルによる簡単操作で、多品種に対応できる点、乾燥の事前検証を行っていただける点など、弊社の希望に沿った内容であったため、ALFISへ依頼をしました。
今回は乾燥ユニット単体での依頼でしたが、今後、ロボットを使用したワークの搬送も予定しており、さらなる当エリアでの作業人員の削減を考えています。
自動化によって単純作業化されることで、例えば、障がいをお持ちの方も作業していただけるようになり、雇用につながると考えています。


お客様名
株式会社志賀商店 様

株式会社志賀商店・愛媛県西条市

1981年創業。黒豆や金時豆をはじめとした豆の商品の製造・販売について、大手スーパー・百貨店などの小売店向けから、食品商社・外食産業向けの業務用に至るまで広範囲に対応されています。豆の専門会社として日本で初めてISO22000とHACCPなどの国際認証を取得するなど、安全・安心な食品を提供するため衛生管理に徹底してこだわり、品質の良い商品作りに取り組まれています。


ページの先頭へ