事例紹介

case

  • モノづくり自動化

手作業による研磨作業や目視検査を自動化し、 品質のばらつきと作業者の負担の低減を実現

業界・業種
めっき業
自動化の目的
  • 品質向上
  • 作業負担軽減

装置・システムの名称
自動研磨・検査装置
装置・システムの用途
ワークの自動研磨および検査

こんなソリューションを実現しました

これまでの課題
品質の安定・向上が主な課題でした。同時に、めっき工場特有のやや過酷な環境での仕事もあり、人材の確保のためにも、作業者の負担を軽減できる自動化設備の導入を希望されていました。
ソリューション
・手作業による研磨作業や目視による検査が自動化され、品質のばらつきがなくなりました。
・過酷作業の自動化によって作業者の負担が軽減され、有効な人員配置が可能になりました。

お客様の声

将来を見据えた確かな提案力からALFISに依頼。
今後も、品質向上、さらには雇用拡大につながる自動化装置の提案に期待。

品質面はもちろん、将来の投資回収までを含めた提案力を感じ、今回、ALFISに本件を依頼することに決めました。
自動化を進めていけば、会社としての雇用形態も変わっていき、例えば、障がいをお持ちの方も採用できるようになると考えています。
今後もあらゆる作業者にとって操作性・作業性の良い装置の提案・開発に期待しています。


お客様名
株式会社金澤鍍金工業所 様

株式会社金澤鍍金工業所・本社工場/大阪府堺市⻄区

昭和25年の創業以来、技術第一、品質第一を経営理念に、自動車部品をはじめとしたさまざまな分野の表面処理加工を行われています。主な表面処理として硬質クロムめっき、装飾ニッケル-クロムめっき、亜鉛めっき、無電解ニッケルめっき、Ni-P-PTFE 複合めっき等の表面処理加工をされており、大量生産から多品種少量生産まで対応できる生産体制で、お客様に要望に応えておられます。


ページの先頭へ